シネマプロジェクトに参加しませんか。

0
    JUGEMテーマ:こども英語と異文化理解

    Hello everyone! I hope you had a great weekend.
    10月のイベントについて告知させてください。10月はイギリスから来日する講師と一緒に英語で映画製作に挑みます!自分でセリフやシーンを考えて、カメラを使って撮影・編集を体験してみませんか?生徒募集中です

     

    みんな本が大好き!

    0
      JUGEMテーマ:児童英語
      Hi everyone! This is Erika おはな グローバルフィールドでは多読学習に力を入れています。本を読む楽しさを通して、語学力を伸ばしていく学習方法です。Reading & Discussion timeはみんな楽しくて集中していますよ!

       

      夏休み前のクラス風景

      0
        JUGEMテーマ:児童英語
        Hi everyone! This is Erika.
        Did you enjoy your long weekend?
        金曜日はPreschool夏休み前の最終日でした。4か月目になると、英語も自ら話し出していましたよ。お歌や絵本が大好きで毎日のCircle Timeはみんな笑顔満載♪

        我が家の早期英語教育

        0
          JUGEMテーマ:「幼児」と「英語教育」(「早期教育」「早期英語教育」などについて)
            さて、今回は子供がお腹の中にいたときに我が家ではどのように過ごしていたかをお話しします。胎教に関しては諸説ありますが、妊娠28週目を過ぎたころになると母親の声はもちろん、外の音もある程度聞こえるようになるという説を信じました。
           妊娠6ヶ月を過ぎたころから妻に英語の絵本を毎日数分朗読してもらいました。母親の声と英語を聞かせるのが目的です。28週目を過ぎたころになると母親の声だけでなく、女性シンガーのCDも聞かせました。女性の声は男性より高音なため、胎児の耳に届きやすいと考えられているためです。
           音楽を聞かせてからしばらく経ったある日、妻がこんなことを言いました。「マライキャリーのヒーローを聞くとよく動くの。他の曲だと反応しないで寝てるみたい。」まあ、妻の好きな曲でもあったので、その時は妻自身がリラックスしてそれが胎児にもいい影響を与えているのだろぐらいに思っていました。
           ところが、彼が生まれた後、同じ曲を聞かせるとちゃんとお腹の中にいた時と同じ反応をしたんです。やっぱりちゃんと聞こえていたんでしょう。
           英語だけでなく、言葉の語りかけは言葉の学習だけでなく母と子を繋ぐ大切なコミュニケーションです。それはすでにお腹の中にいるときから始まっているということを経験から学んだできごとでした。

          早期英語教育は必要か。我が家の場合…

          0
            JUGEMテーマ:「幼児」と「英語教育」(「早期教育」「早期英語教育」などについて)

             私の場合、子育ては海外でした。アジアの金融センターと言われ、イギリス領であった国、今では中国の一部、ここまで記せばおわかりですね。我が家では子供が妻のお腹の中にいるときから、家族全員、私、妻、妻の家族など異なる言語で語りかけをしていました。言語でいえば、日本語、英語、広東語と生まれてくるまでの約10か月間、この三つの言語を聞かせていました。もちろん一番影響を受けやすい言語は母親の言語ですね。それは英語でした。妻がお腹の中にいる子供に話かける言語は英語でしたが、彼女は仕事で広東語も話していましたから、常に二つの言語を聞いているという状態でした。
             私は仕事で帰りも遅く、その時期は日本語で語りかける機会はそれほど多くなかったと記憶しています。ただ、夫婦で徹底していたのは、日本語の絵本と英語の絵本をお腹の中にいたときからほぼ毎日、語り聞かせていたことです。この語り聞かせが、息子が生まれ
            てからびっくりすることが起きたのです。
             どんなことかは、次回のお楽しみということにしましょう。想像できることかもしれません。

            「GFお父さん」の独り言

            0
              JUGEMテーマ:「幼児」と「英語教育」(「早期教育」「早期英語教育」などについて) 

              本日よりスタートする。「GFお父さん」の独り言です。今回は初回ということで、簡単な自己紹介をさせていただきます。実は私、昨年の8月に日本に帰国いたしました。では、それまでは何処にいたかというとHong Kongでした。海外生活18年、一児の父親です。その父親が海外にて、息子の日本語と英語そして中国語教育をどのように行ってきたか(現在進行形)を徒然なるままに書き綴っていこうと思っています。
              因みに、息子は現在中学2年生、彼がどのように英語、日本語、中国語を学んでいき、これからどうなるのか大人として興味がありますので、少しずつ紹介していくと共に、日本における英語教育の???についてもお父さんなりの意見を述べていこうと思います。
              皆さんに少しでもGFの考える英語ってどのようなものかを知っていただけると幸いです。

              | 1/1PAGES |

              calendar

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              << June 2018 >>

              グローバルフィールドHP

              selected entries

              categories

              archives

              recent comment

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode