我が家の早期英語教育

0
    JUGEMテーマ:「幼児」と「英語教育」(「早期教育」「早期英語教育」などについて)
      さて、今回は子供がお腹の中にいたときに我が家ではどのように過ごしていたかをお話しします。胎教に関しては諸説ありますが、妊娠28週目を過ぎたころになると母親の声はもちろん、外の音もある程度聞こえるようになるという説を信じました。
     妊娠6ヶ月を過ぎたころから妻に英語の絵本を毎日数分朗読してもらいました。母親の声と英語を聞かせるのが目的です。28週目を過ぎたころになると母親の声だけでなく、女性シンガーのCDも聞かせました。女性の声は男性より高音なため、胎児の耳に届きやすいと考えられているためです。
     音楽を聞かせてからしばらく経ったある日、妻がこんなことを言いました。「マライキャリーのヒーローを聞くとよく動くの。他の曲だと反応しないで寝てるみたい。」まあ、妻の好きな曲でもあったので、その時は妻自身がリラックスしてそれが胎児にもいい影響を与えているのだろぐらいに思っていました。
     ところが、彼が生まれた後、同じ曲を聞かせるとちゃんとお腹の中にいた時と同じ反応をしたんです。やっぱりちゃんと聞こえていたんでしょう。
     英語だけでなく、言葉の語りかけは言葉の学習だけでなく母と子を繋ぐ大切なコミュニケーションです。それはすでにお腹の中にいるときから始まっているということを経験から学んだできごとでした。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    グローバルフィールドHP

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode